• Home
  • JVAとは
  • JVA2018について
  • 中小機構とは
  • お問い合わせ

協力機関ご紹介

JVA事業の主旨にご賛同いただき、JVA受賞者に奨励の意を込めてサポート賞をご提供いただく協力機関をご紹介します。各社から、新しいビジネスに挑戦するベンチャー企業および新事業の取組をサポートする賞をご用意頂きました(サポート賞は表彰式当日のマッチングラウンジ内で発表)。

Google

グーグル株式会社

Googleはスタートアップの各段階に合わせて様々なサポートを優先的にご提供します。プロダクト開発フェーズではGoogleの開発者がメンタリングし、マーケット調査や販路開拓といったマーケティングのフェーズにおいてはGoogleのデジタルマーケティングチームが専任体制でサポートします。Googleのグローバルなプラットフォームを最大限活用し、世界で活躍する企業を目指して一緒に成長しましょう。
月刊事業構想

月刊事業構想

月刊事業構想は、事業構想大学院大学出版部が発行する雑誌&オンラインメディア。新事業開発、イノベーション、地方創生を主テーマとしています。地方自治体首長と幹部に圧倒的な閲読率があるほか、企業の新規事業開発責任者が読者の過半を占めます。特に、企業トップ、起業家、政治家、官僚といったキーパーソンの構想と具体的事例に焦点を当てた記事が充実しています。また、デザイナー、アスリート、芸術家、クリエイターなど異分野の構想家もとりあげ、多様な視点を提供しています。イノベーションへのアイデア、アライアンス・パートナーの開発などの情報源となっています。
新日本有限責任監査法人

新日本有限責任監査法人

新日本有限責任監査法人は、監査および保証業務、アドバイザリーサービス、税務などの分野における世界的なリーダーであるEYのメンバーファームです。全国に拠点を持つ日本最大級の監査法人であり、監査および保証業務はもとより、各種アドバイザリー分野においてクライアントの課題解決と成長を支援しています。これらのサービスを通じて資本市場および社会の健全な発展に貢献することで、より良い社会の構築を目指します。
デロイトトーマツ

デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社

「挑戦する人とともに未来をひらく」をミッションに、ベンチャー企業・大手企業・官公庁/地方自治体等が協働し、数多くのイノベーションを生み出す世界を目指し活動しています。 主な活動として、国内外 約3,000社のベンチャー企業支援・大手企業イノベーションコンサルティング・官公庁向け政策提言/実行支援を行っています。また、ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すプラットフォーム「Morning Pitch」を毎週運営しております。
DRIVE

DRIVE(運営:NPO法人ETIC.)

未来の兆しを示すアイデアやトレンド、起業家インタビューなど未来を創る動きを後押しするコンテンツを発信。スタートアップやソーシャルセクター、また地域の魅力的な企業でのチャレンジングな求人情報やインターン募集も充実。
DREAM GATE

ドリームゲート
(運営:株式会社プロジェクトニッポン)

ドリームゲートは経済産業省の後援を受けて2003年4月に発足した日本最大級の起業支援プラットフォームです。「日本に起業文化を確立する」というミッションをかかげ、主にWebサービス(気軽に無料で使える便利なツールやコンテンツ提供)、セミナー(起業に必要な知識やスキルを学べる場の提供)、イベント(起業マインドの醸成、世の中への周知)の3つを軸に、様々な活動を行っています。2014年よりスタートした大手企業とベンチャー企業のマッチングイベント「イノベーションリーダーズサミット(ILS)」を通じて オープンイノベーションの推進も行っております。
日刊工業新聞社

日刊工業新聞社

日本のモノづくりを見つめ、伝え続けて一世紀。創業の理念「工業立国」「技術立国」を胸に一貫して日本の産業界とともに歩み、日本の科学技術の発展や産業競争力の強化、中小企業振興に努めてまいりました。新聞を核に産業総合情報機関としての機能をさらに高め、創業・ベンチャー促進をはじめ、活力と創造力あふれる次世代の産業社会づくりに貢献していきます。
FUKUOKAgrowthnext

Fukuoka Growth Next

グローバル創業都市として勢いづく福岡の中心地にある、官民共働型スタートアップ支援施設です。この場所から「将来のユニコーン」を生み出す為、スタートアップ企業や第二創業をサポートし、雇用創出や地域経済の展に貢献することを目的としています。連携VCのキャピタリストやメンターによるメンタリングやピッチコンテスト、カンファレンス等様々な支援プログラムを提供し入居企業の成長機会を増やしています。また、100社を超える支援企業からなる「Fukuoka Growth Next支援協議会」では、入居企業の販路拡大やビジネスマッチングなどのにつながるカンファレンスを定期的に開催しています。
▲Pagetop