• Home
  • JVAとは
  • JVA2018について
  • 中小機構とは
  • お問い合わせ

協力機関ご紹介

JVA事業の主旨にご賛同いただきました、協力機関をご紹介します。

有限責任 あずさ監査法人

有限責任 あずさ監査法人

KPMG あずさ監査法人は,“The Clear Choice(私たちは、社会・クライアント・従業員から常に選ばれる存在を目指します)”というVisionの実現に向けて、監査・税務・アドバイザリーの全ての分野において、卓越したサービスを提供し続けています。 また、あずさ監査法人 企業成長支援本部では、IPO、財務デューデリジェンス等の分野別専門家を配置して情報・知識の蓄積を行うとともに、一元的なサービスを提供しています。KPMG あずさ監査法人は新しいテクノロジーをキーとしたイノベーションエコシステムの構築に皆様とともに取り組んでいきます。

新日本有限責任監査法人

EY新日本有限責任監査法人

EY新日本有限責任監査法人は、監査および保証業務、アドバイザリーサービス、税務などの分野における世界的なリーダーであるEYのメンバーファームです。全国に拠点を持つ日本最大級の監査法人であり、監査および保証業務はもとより、各種アドバイザリー分野においてクライアントの課題解決と成長を支援しています。これらのサービスを通じて資本市場および社会の健全な発展に貢献することで、より良い社会の構築を目指します。

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ

NTTデータは、企業と国の垣根を超えて、オープンイノベーションによる事業創発を目指しています。ベンチャー ✕ 大企業 ✕ NTTデータによるWIN-WIN-WINとなるビジネス創発のため、世界20都市での“オープンイノベーションコンテスト“やマンスリーフォーラム“豊洲の港から“を実施し、既に10数件の新しい世界のプラットフォームになり得るビジネスを創発しています。世界は急速に新しいプラットフォームに移行しようとしています。我々は常に皆さんからの世界を変えるビジネスの提案をお待ちしています。
“さあ、ともに世界を変えていこう”

DRIVE

DRIVE(運営:NPO法人ETIC.)

未来の兆しを示すアイデアやトレンド、起業家インタビューなど未来を創る動きを後押しするコンテンツを発信。スタートアップやソーシャルセクター、また地域の魅力的な企業でのチャレンジングな求人情報やインターン募集も充実。

DRIVE

アントレサロン
(運営:銀座セカンドライフ株式会社)

銀座セカンドライフは、創業から10年、これまで延べ7,000人の方の起業を支援してきました。当社は、お客様が“セカンドライフ”で手掛ける事業がスムーズに軌道に乗れるよう、無料起業相談・事務サポート、毎月3,4回開催している異業種交流会でのビジネスマッチング、さらに、首都圏を中心にレンタルオフィス「アントレサロン」運営などをしています。特にアントレサロンは、8拠点12店舗あり、使い勝手の良さから、会員は現在5,500社を超えています。これからも、一人ひとりのお客様に、信頼され、親しまれる会社を目指しています。

Google

グーグル合同会社

Googleはスタートアップの各段階に合わせて様々なサポートを優先的にご提供します。プロダクト開発フェーズではGoogleの開発者がメンタリングし、マーケット調査や販路開拓といったマーケティングのフェーズにおいてはGoogleのデジタルマーケティングチームが専任体制でサポートします。Googleのグローバルなプラットフォームを最大限活用し、世界で活躍する企業を目指して一緒に成長しましょう。

月刊事業構想

月刊事業構想

月刊事業構想は、事業構想大学院大学出版部が発行する雑誌&オンラインメディア。新事業開発、イノベーション、地方創生を主テーマとしています。地方自治体首長と幹部に圧倒的な閲読率があるほか、企業の新規事業開発責任者が読者の過半を占めます。特に、企業トップ、起業家、政治家、官僚といったキーパーソンの構想と具体的事例に焦点を当てた記事が充実しています。また、デザイナー、アスリート、芸術家、クリエイターなど異分野の構想家もとりあげ、多様な視点を提供しています。イノベーションへのアイデア、アライアンス・パートナーの開発などの情報源となっています。

DREAM GATE

INNOVATION LEADERS SUMMIT
(運営:株式会社プロジェクトニッポン)

大手企業のアセットとベンチャー企業のアイデアやテクノロジをマッチングし、グローバルイノベーションを生み出すことを目的に経済産業省後援のもと発足。2017年10月に開催した第5回ILSにおいて、メインの事業提携マッチングプログラム「パワーマッチング」は、国内外の主力VCなどで構成する100人のILSアドバイザリーボードが推薦する次世代ベンチャー481社と大手企業103社(142部署)が参加、3日間で2272件の商談が行われた。アジア最大級のオープンイノベーションカンファレンス。

日刊工業新聞社

日刊工業新聞社

日本のモノづくりを見つめ、伝え続けて一世紀。創業の理念「工業立国」「技術立国」を胸に一貫して日本の産業界とともに歩み、日本の科学技術の発展や産業競争力の強化、中小企業振興に努めてまいりました。新聞を核に産業総合情報機関としての機能をさらに高め、創業・ベンチャー促進をはじめ、活力と創造力あふれる次世代の産業社会づくりに貢献していきます。

FUKUOKAgrowthnext

Fukuoka Growth Next

グローバル創業都市として勢いづく福岡の中心地にある、官民共働型スタートアップ支援施設です。この場所から「将来のユニコーン」を生み出す為、スタートアップ企業や第二創業をサポートし、雇用創出や地域経済の展に貢献することを目的としています。連携VCのキャピタリストやメンターによるメンタリングやピッチコンテスト、カンファレンス等様々な支援プログラムを提供し入居企業の成長機会を増やしています。また、100社を超える支援企業からなる「Fukuoka Growth Next支援協議会」では、入居企業の販路拡大やビジネスマッチングなどのにつながるカンファレンスを定期的に開催しています。

FUKUOKAgrowthnext

一般社団法人ベンチャー型事業承継

一般社団法人ベンチャー型事業承継は、中小企業の若手後継者の新規事業開発を支援するプラットフォームです。「ベンチャー型事業承継」とは、若手後継者が、先代から受け継ぐ有形・無形の経営資源を活用し、新規事業、業態転換、新市場参入など、新たな領域に挑戦することで、永続的な経営をめざし、社会に新たな価値を生み出すこと。ベンチャーといえば起業家という従来の固定観念を覆し、企業の存続力を強みに手堅く成長するアトツギベンチャーを、日本を代表する企業文化として根付かせるエコシステムの実現をめざします。

▲Pagetop