• Home
  • JVAとは
  • JVA2018について
  • 中小機構とは
  • お問い合わせ

JVA2017開催報告

開催報告  第1部

VC×投資先ピッチ

JVA2017ベンチャーキャピタリスト奨励賞受賞者が、それぞれの投資先企業経営者とともに登場して、ショートプレゼンを展開しましました。
[VC:三菱UFJキャピタル株式会社]
執行役員・ライフサイエンス部長 長谷川 宏之氏
[投資先:五稜化薬株式会社]
取締役 三浦 淳一氏
[VC:株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ]
プリンシパル 東 明宏氏
[投資先:株式会社ルートレック・ネットワークス]
代表取締役社長 佐々木 伸一氏
[VC:ベンチャーユナイテッド株式会社]
ベンチャーキャピタリスト 丸山 聡氏(当日欠席)
[投資先:株式会社Hacobu]
代表取締役社長 佐々木 太郎氏
[モデレーター]
早稲田大学大学院 経営管理研究科 ビジネススクール教授
長谷川 博和氏

パネルディスカッション

【テーマ】スタートアップとエンジェル投資の未来像
エンジェル投資家が一堂に会し、それぞれの立場と視点で、日本のスタートアップ支援の未来像について熱くディスカッションを繰り広げました。
[パネラー]
池田 弘氏
公益社団法人
日本ニュービジネス協議会連合会 会長

NSGグループ 代表
 
國土 晋吾氏
一般社団法人
TXアントレプレナーパートナーズ 代表理事


 
高野 真氏
D4V Founder & CEO




 
千葉 功太郎氏
個人投資家
[モデレーター]
藤野 英人氏
レオス・キャピタルワークス株式会社
代表取締役社長

JVA2018 ノミネート者ショートスピーチ

JVA2018ノミネート者9名が登壇、各社2分で自社PR・プレゼンテーションを行いました。

開催報告  第2部

主催者挨拶

(独) 中小機構 理事長 高田 坦史
「今回は、技術とものづくりを組み合わせて、イノベーションを起こしている方々の応募が多かった。また、個々人が多様な働き方を選択しながら、子育てや高齢者の活躍などといった地域課題を解決する事を狙いに“働き方改革”をテーマにするものや再生医療の分野も多く見られたことが特徴です。JVAの参加者のレベルは年々上がっており、ベンチャーが時代の先駆者となり、我が国の未来を切り拓いて頂けるものと大いに期待が高まる。本表彰を通じて、我が国のベンチャー企業の創出が促進されることを大いに期待しています。」と挨拶しました。

来賓挨拶

経済産業副大臣 西銘 恒三郎氏
「政府として地域の創業を推進し、開業率を10%台にするという目標を掲げています。その実現に向けて市区町村と民間事業者が連携して創業支援を行う取組を展開しております。開業率も近年上昇傾向が見られ、平成28年度には過去20年で最高の水準になりました。開業率向上のカギは、多くの人に創業に対する理解と関心を深めてもらうことにあります。本国会では産業競争力強化法の改正法案を提出する予定で、日本全体の創業機運を醸成してまいります。ベンチャー立国・日本の旗手となられる皆様の活躍により、日本を支える新たな産業が立ち上がることを確信しております。」とご挨拶されました。

ベンチャーキャピタリスト奨励賞 表彰式

佐々木 浩史氏
プライマルキャピタル
代表パートナー
元木 新氏
モバイル・インターネットキャピタル株式会社
ディレクター

ベンチャーキャピタリスト奨励賞 審査講評

各賞発表および受賞者表彰式

経済産業大臣賞
垣内 俊哉氏
株式会社ミライロ
代表取締役社長
中小企業庁長官賞
滝野 一征氏
株式会社MUJIN
CEO 兼 共同創業者
中小企業庁長官賞
平田 勝則氏
コネクテックジャパン株式会社
代表取締役 CEO
中小機構理事長賞
辻 紘一郎氏
株式会社ツーセル
代表取締役社長
中小機構理事長賞
福沢 博志氏
株式会社光コム
代表取締役社長
JVA審査委員長賞
久田 康弘氏
株式会社Liquid
代表取締役
eコマース推進特別賞
天沼 聰氏氏
式会社エアークローゼット
代表取締役社長 兼 CEO
ワークライフバランス推進特別賞
中村 朱美氏
株式会社minitts
代表取締役
バイオ産業推進特別賞
森 敬太氏
サンバイオ株式会社
代表取締役社長

受賞スピーチ

株式会社ミライロ 代表取締役社長
垣内 俊哉氏


「栄えある賞をいただきましたこと、大変嬉しく光栄です。日本のバリアフリーは世界的にみても高い水準で進んでいます。この日本で培ってきたノウハウを、コンテンツを、ビジネスの仕組みを、世界に発信していき、私達の事業を広げていくことで、新たな障がいがある方々の雇用を、バリアをバリューとしていける世界を実現していけたらと思います。」とスピーチされました。

審査講評

JVA2018審査委員長
早稲田大学大学院経営管理研究科ビジネススクール 教授
長谷川 博和氏


「年々応募者のレベルが上がっており、それだけ日本の勢いが出てきて、沢山のベンチャーが生まれているのだと感じています。本日受賞された方々も世界に発信できる様々なビジネスモデルです。経済産業大臣賞は、従来とは異なるビジネスモデルで、社会貢献するという強い気持ちが伝わってきて満場一致で決まりました。日本が大いに成長するために今回のJVAが契機となって、より一層発展していくことを祈念しております。」と講評されました。

クロージング・キーノート

株式会社ビズリーチ 代表取締役社長
南 壮一郎氏


ベンチャーから生まれるイノベーション
「ビジネスを立ち上げ成功させるために必要な3つのことは、『まず、行動を起こすこと』 『徹底的に情報を集め、調べて、改善を続ける』『 歴史を知って、大きな志を持つ』。日本が抱える課題を、事業作りを通して解決していきたいと考えています。新しい未来が生まれるために一緒に事業をつくっていきましょう。」と語りました。

マッチングラウンジ・名刺交換

表彰式終了後、マッチングラウンジを開催。受賞者をはじめ、創業支援者や投資家、大手企業、創業を志す方など多くの来場者が集まり、幅広く交流を深めました。会場内に設けられたステージでは、協力機関より、JVA2018受賞者にサポート賞の発表、贈呈も行われました。

協力機関からのサポート賞

賞名 受賞企業
NTTデータ奨励賞 株式会社Liquid
月刊事業構想奨励賞 株式会社Liquid
株式会社minitts
新日本有限責任監査法人奨励賞 株式会社MUJIN
株式会社minitts
サンバイオ株式会社
株式会社ミライロ
デロイトトーマツベンチャーサポート賞(※) 株式会社エアークローゼット
特定非営利活動法人ETIC(エティック)奨励賞 株式会社エアークローゼット
ドリームゲート奨励賞 株会社ツーセル
日刊工業新聞社奨励賞 株会社ツーセル
株式会社光コム
FUKUOKA Growth Next奨励賞 株式会社エアークローゼット
(※)提供先については、社会や地域課題へのチャレンジ性やメンタリングに対する親和性等を選定基準として、JVA運営事務局にて1名の方に設定させていただきました。
▲Pagetop