応募方法

応募対象

創業後概ね15年以内※1であり、高い志を持ち、自立する中小企業等※2の経営者又は代表者

  • ※1 社歴に関わらず、経営の多角化や事業転換により、新事業展開した場合(第二創業)を含む。
  • ※2 企業を主な対象といたしますが、NPO法人、LLC(合同会社)などの応募も可能とします。
  • これまでにご応募いただいた方も、再応募が可能です(すでに受賞されている場合はご遠慮ください)。

中小企業について

募集対象とする中小企業などは、下記のいずれかに該当する個人事業主、法人又はそれらによって構成される組織とし、活動主体が国内にあるものとします。(中小企業基本法より)
製造業その他
資本金3億円以下、又は常時使用する従業員が300人以下
卸売業
資本金1億円以下、又は常時使用する従業員が100人以下
小売業
資本金5千万円以下、又は常時使用する従業員が50人以下
サービス業
資本金5千万円以下、又は常時使用する従業員が100人以下

表彰名(予定)

[ 経済産業大臣賞 ]
事業内容、活動実績、経営者の資質や社会的な評価(貢献度)などを総合的に評価の上、他の企業の模範として相応しい極めて優秀な経営者。
[ 科学技術政策担当大臣賞 ]
社会的な課題の解決に向けて、革新性に優れた科学技術等を基に、 将来の社会や産業にイノベーションを起こす可能性を持つ、他の企業の模範として相応しい極めて優秀な経営者。
[ 中小企業庁長官賞 ]
事業内容、活動実績、経営者の資質などを総合的に評価して、特に優秀な経営者。
[ 中小機構理事長賞 ]
優秀な事例のうち、公的支援策などを有効活用した模範的な事例となる経営者。
[ SDGs特別賞 ]
優秀な事例のうち、特にSDGsに貢献する事業を行う模範的な事例となる経営者。
(インパクトスタートアップ等)
[ 地域貢献特別賞 ]
優秀な事例のうち、地域経済の活性化や地域課題の解決に貢献する事業を行う模範的な事例となる経営者。
(ローカル・ゼブラ等)
[ JVA審査委員会特別賞 ]
上記以外で、事業その他の特徴と経営者を総合的に評価して、特別表彰を行う。
[ JVCA特別奨励賞 ]
上記以外で、創業後5年以内の将来更なる活躍が期待される経営者。

審査基準

経営者の資質、成長性、革新性、社会性、多様性について審査を行います。

上記項目について審査を行った上で、審査委員会で各案件の特徴を考慮のうえ、審査を行い、最終的な表彰を検討する。

期待する経営者の例

  • 製品、サービス及びビジネスモデル等に
    革新性がある事業を実施している
  • 東京・大阪圏以外の地方で活躍している
  • チャレンジ精神旺盛な若手や女性、
    シニア世代の経営者
  • グローバル市場など、積極的な市場開拓に挑戦している(日本で起業した外国籍の方を含む)
  • 今後成長が期待される事業分野に取り組んでいる
  • 時代を先取りした技術やアイデアを活かした事業に取り組んでいる
  • 公的支援策を有効活用し、業績を伸ばしている
  • 将来の社会や産業にイノベーションを
    起こす可能性がある事業に取り組んでいる
  • SDGsに貢献する取り組みを積極的に行っているインパクトスタートアップ等
    (資源の消費量の削減、人々の健康や働き方の改善、調達や流通の最適化等、SDGsの17のゴールに代表される社会課題の解決に積極的に取り組み、経済性と社会性を両立する経営者)
  • 地域経済の活性化や地域課題の解決に貢献する事業に取り組んでいるローカル・ゼブラ等
    (売上・雇用者数の増加等により地域経済の活性化に貢献したり、独自の製品・サービスの提供を通じて地域が直面する社会的、経済的課題の解決に貢献する事業に取り組んでいる経営者)

過去の受賞例(第23回JVA)

  • 佐竹 晃太氏 経済産業大臣賞 株式会社CureApp 代表取締役CEO 兼 医師
    セルージョンはiPS細胞を利用した新しい角膜再生医療を創出することで、角膜移植アンメットメディカルニーズを解決し、全世界の角膜失明患者への貢献をめざしています。
  • 後藤 将氏 中小企業庁長官賞 TYPICA Holdings 株式会社 代表取締役CEO
    コーヒー生豆を麻袋1袋から直接取引できる世界初のダイレクトトレード・オンラインプラットフォームを運営。世界71カ国・地域の生産者とロースターをつないでいる。

審査委員

有識者で構成された第24回JVA審査委員会で審査します。

第24回JVA審査委員会(敬称略・順不同)

東出 浩教 氏
早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネススクール)教授 / 一般社団法人 日本ベンチャー学会 理事
吉田 剛 氏
国立研究開発法人新エネルギー・
産業技術総合開発機構 イノベーション推進部長
小野 由理 氏
株式会社三菱総合研究所 デジタルイノベーション部門 副部門長
田島 聡一 氏
一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長 /
株式会社ジェネシア・ベンチャーズ 代表取締役・General Partner
平尾 孝憲 氏
国立研究開発法人科学技術振興機構 スタートアップ・技術移転推進部 参事役(兼)スタートアップ出資・支援室長
高乗 正行 氏
株式会社マーク・アンド・カンパニー 代表取締役

※審査時点までの間で変更となる場合もあります。

応募の手順

  1. ❶ 下記から『応募様式』をダウンロード

    ※応募には、応募様式①・②の両方が必要です。
    応募様式①はEXCELデータのままご提供ください。
    応募様式②はWORDデータのままご提供ください。

  2. ❷ 提出書類の準備・作成

    下記の書類提出をお願いします。

    • 応募様式(A4)
    • 会社案内(3点以内)
    • 製品・技術・サービスの説明資料(A4、3枚以内)
    • 過去3年分の財務諸表(貸借対照表、損益計算書)※ただし決算を迎えていない企業の場合不要です。
    • 新聞・雑誌などの掲載記事(3点以内)※無ければ不要です。
    • 推薦者記入様式 ※任意
  3. ❸ 提出書類を事務局にE-mailで提出
    ※添付ファイルが8MBを超える場合はファイル転送サービス等をご利用ください。
    ※応募締切は、8/22(木)18:00となります。



    提出書類の送付先、お問い合わせ
    ※応募要項の【応募書類の取扱いについて】にご同意いただいた上、ご応募ください。

    第24回JVA運営事務局
    【E-mail】
    jva@operation-desk.jp
    【TEL】
    03-3292-5088
    ※お問い合わせいただく前によくある質問もご確認ください。

スケジュール

ご応募いただきました皆様には、「書類受理の確認(メール)」および「選考結果(書面)」をご連絡申し上げます。

ダウンロード

※応募には、応募様式①・②の両方が必要です。

応募様式①はEXCELデータのままご提供ください。
応募様式②はWORDデータのままご提供ください。

応募対象

現在、ベンチャー企業に対して支援を
行っており、
今後も継続して活動する
ベンチャーキャピタリスト

  • 自薦、推薦の有無を問いません。
  • 推薦の場合は、推薦者からの推薦メッセージを添付してください。
  • これまでにご応募いただいた方も、再応募が可能です
    (すでに受賞されている場合はご遠慮ください)。
  • 直近1年間の新規上場案件における投資実績等を勘案し、ベンチャーキャピタリスト奨励賞審査委員会による推薦を合わせて実施します。

審査基準

これまでのベンチャー企業に対する支援活動内容・実績、イノベーション・社会への貢献度、多様性推進への貢献度について審査を行います。

期待するベンチャーキャピタリストの例

  • 革新性や先進性のある事業を行うベンチャー企業を支援するベンチャーキャピタリスト
  • グローバル市場など、積極的な市場開拓に挑戦するベンチャー企業を支援するベンチャーキャピタリスト
  • 社会貢献性の高いベンチャー企業(インパクトスタートアップ、ローカル・ゼブラ等)を支援するベンチャーキャピタリスト
  • 今後成長が期待される事業分野に取り組むベンチャー企業(ディープテック等)を支援するベンチャーキャピタリスト
  • スタートアップ・エコシステムの多様性の推進に貢献するベンチャーキャピタリスト

過去の受賞例(第23回JVAベンチャーキャピタリスト奨励賞)

  • 伊藤 紀行氏 DIMENSION株式会社 Business Producer
    事業領域や成長ステージを限定することなく、インターネット関連に加え、レガシー産業にテクノロジーの力で変革をもたらすスタートアップに投資させて頂いております。高い熱量と粘り強さを持つ経営者に泥臭く伴走する黒子であることを信条とし、現在の投資先の40%超が女性起業家によるスタートアップへの投資です。
  • 宇佐美 篤氏 株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)Partner and Board Director
    国内外の大学・研究機関発のシード・アーリーステージの技術系スタートアップに対して、経営・開発・ファイナンス等の観点で創業段階からの事業化支援を行う。優れたScience・Technology をもつスタートアップの国境を超えた事業化支援を通じて、地球規模での産業革新・社会課題解決に貢献していきたい。

審査委員

有識者で構成されたベンチャーキャピタリスト奨励賞審査委員会で審査します。

ベンチャーキャピタリスト奨励賞審査委員会
(敬称略・順不同)

東出 浩教 氏
早稲田大学大学院経営管理研究科
(早稲田大学ビジネススクール)教授 /
一般社団法人 日本ベンチャー学会 理事
市川 隆治 氏
一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター 理事長
郷治 友孝 氏
一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長 /
株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC) 
代表取締役社長 CEO・マネージングパートナー
高乗 正行 氏
株式会社マーク・アンド・カンパニー 代表取締役

※審査時点までの間で変更となる場合もあります。

応募の手順

  1. ❶ 下記から『応募様式』をダウンロード

  2. ❷ 提出書類の準備・作成

    下記の書類提出をお願いします。

    • 応募様式(A4)
    • 添付資料(応募内容を補完する資料。
      必要に応じ提出。A4、5枚程度)
  3. ❸ 提出書類を事務局にE-mailで提出
    添付ファイルが8MBを超える場合はファイル転送サービス等をご利用ください

    提出書類の送付先、お問い合わせ
    ※応募要項の【応募書類の取扱いについて】にご同意いただいた上、ご応募ください。

    第24回JVA運営事務局
    【E-mail】
    jva@operation-desk.jp
    【TEL】
    03-3292-5088

スケジュール

ご応募いただきました皆様には、「書類受理の確認(メール)」および「選考結果(書面)」をご連絡申し上げます。

ダウンロード

※応募様式はEXCELデータのままご提供ください。